電話

050-1086-6983

メール

ayameooizumi@gmail.com

営業時間

月〜金: 10AM - 8 PM

銀座の街

WordPress・MTOS簡単インストール機能対応!レンタルサーバー『ヘテムル

私は美容師をやっていてお客様のお店に行かせていただくことになりました

今回自分が銀座に不慣れなところからかなり入り組んでいるところにあり8時にいく予定がなんと…8時半についてしまいました

ビルの中にある二階のワインバー

こちらは目の前に木のドアがあり見た目も暗く開けるのには少し勇気がありました

カランカラン

思いドアを開くといつものお客様とは違い黒いスーツかっちりとジェルでサイドに流し七三分けの形をしたお洒落な雰囲気と

いつもと違う風格を感じました

お客様のお話の中で

部屋の内装はバーがあり周りには沢山のワイン席は6つほど狭すぎず近すぎず居心地の良い広さでした

ふくよかな男性50代くらいの方と細身のメガネ男性20代後半のお客様がいらっしゃり

ふくよかなお客様は大手企業の課長らしく色んな日本各地の名店や飲食店に行くらしい

自分のお客様が分かりづらくならないように『店長』とさせていただきました

店長とふくよかなお客様は全国の名店ミシュランのお店に行った話をしていました

私とメガネの男性の方は目をまんまるとして

お互い『次元が違いますねと…笑』

そこでお話をいただきました

ふくよかな男性『俺の父親は収入はとても平凡な男の方だったよただ自分ら家族との時間をとても大切にしていた人だったよ』

彼のお父さんは出世や収入よりも家族のことが大切だったんだと『本当に幸せだった』と言っていたそうです

ふく『俺は父とは逆の道に進んだ三十で転職して今は社長の手前のとこまで来たが休みは月にほぼ一日くらいしか家族に会えない収入は増えたが家族との時間は取れなかった』

私は心の中で『収入を得る代価はやはりあるんだなと』

ふく『ただ月に一度しか会えないからこそ家族が大切に思えるよこの前も朝7時に出るときに娘が味噌汁を作ってくれていた奥さんとも話が楽しい道は違うけど充実はしているよ』

ふく『だから君は選ばなければならない』

私『選ぶですか?、』

ふく『お金を減らしてても家族を取るのかお金に不自由なくなるために家族の時間を捨てるのかこれは選ばないといけない』

私『はい…』

ふく『なんでも吹っ切れることが大切なんだ真ん中は絶対に中途半端に失敗するよだから君もきめて吹っ切れるんだ』

ふく『だから独立する人やこんだけ努力しても社長になれないで課長である俺もあるんだ君もしっかり目標とこれをするってことが見つかればきっといい方向に行けると思うよこれってものをしっかりもちなさい』

私『はい!ありがとうございました』

そのあとワインを1時間ほどしたあとふくよかな男性の方はこちらを帰ることになり挨拶をして帰った

続きは次に書きます

世界中8000万人が利用する話題のホテル検索サイト『トリバゴ』

おすすめ記事

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です